SSL(Secure Socket Layer)とは、サーバとクライアントの間で安全なデータ通信を行うためのインターネットプロトコルです。
このプロトコルを実現するために必要なのが SSL暗号化通信です。
Webサイトの安全主体は、SSL暗号化通信を実現することによって、以下の点で信頼性や安全性を向上します。

○ SSL暗号化通信を実現(=プライバシーの保護)
○ データの完全性を確保(=改ざんの検知)


SSL暗号化通信を確認するには…
SSL暗号化通信が確立されている場合は、皆さんがご利用のブラウザ右下または右上
鍵マークで確認することができます。
※ご利用のブラウザパーションによって鍵マークの表示位置は変わります。
又、アクセスしたURLが通常の http://ではなく https://と表示されることによっても確認することができます。




オンラインショップの決済フォームや企業サイトのアンケートなど、オンライン上での個人情報のやり取りは、今や日常的に行われています。こうした個人情報の取り扱いに関するセキュリティー対策への取り組みは、企業の取組みとして必須となりつつあります。

個人情報を取り扱う企業ウェブサイトやショッピングサイトなどの信頼性を保証する為には、独自発行のSSL 認証キーほど威力を
発揮するものはありません。

当サイトでは、フォームやWEBシステムなど、オンライン上での個人情報に関わる情報のやり取りは全てSSL暗号化通信が確立して
おります。

社 SSLについての説明  http://jp.globalsign.com/knowledge/